修行期間中@ネガティブな言葉に振り回されない

 「文系の人は、医薬は不利」、「英検1級くらい持ってないと、翻訳なんて無理」、「和訳と英訳、両方できないと翻訳家とはいえないよ」・・・・・・。

  翻訳家を目指す人の周りには、たくさんのネガティブな言葉が渦巻いています。真剣に努力すればするほど、そんな言葉に敏感に反応してしまいます。そして壁にぶつかるたびに、「やっぱりわたしはダメなんだ」なんて思ったりしてしまいます。

 修行時代、「『この中で翻訳家になれるのは、確率的に5人にひとり程度です』って言われた」と、本気でへこんでいた仲間がいます。ある日の翻訳の授業で、先生にそういわれたのだそうです。

 「現時点で自分がなれる確率は20%かと思うと、へこたれそう」

  でもわたしは、若気の至りもあり、そんなの生徒には意味のない統計だし、生徒たちの前で言うことにも意味が無い、と憤慨しました。

 今思っても、いったいこの確率がどの程度合っているのかも含めて、これを意欲に燃えている生徒たちを前にして言うことに疑問を感じます。おそらくは、「翻訳家への道のりは険しいぞ」という意味のことを言いたかったのでしょうが、何とも心無い言葉に聞こえます(それにその確率を上げるのが先生の役目とちゃうんか?)。

よけいなことは考えない

 翻訳家を目指している本人にとっては、自分が翻訳家になるかならないかふたつにひとつ。5人のうちの1人になれるかどうかなんて、考える必要のないことです。絶対になる、なるまでやめないと決めたら、なれる確率は100%です。

 それ以外のことを考える必要はありません。5人それぞれが自分は絶対なるのだと決めて最後まで貫いたら、全員がなれます。

  ちなみに、最初の翻訳学校で知り合い、今でも親交のある仲間は、偶然にもわたしを含めて5人いて、4人は翻訳家になりました。あとのひとりはインドに行くと言って旅立って行ったっきり、音信不通ですが・・・・・・。

 修行中は、誰もが自信をもてないでいる時期です。不安だからなおさら、ネガティブな言葉を気にしがち。でも「あれこの人、なんでこんなこと言うんだろ?」と思ったら、まともに受け止めず、流しましょう。その言葉のポジティブに受け止めたり、ポジティブな面に目を向けられたら、なおすばらしいです。

 先生の言葉だろうが先輩の言葉だろうが、聞くべきことは聞いて、スルーするところはスルーする。このホームページも、何かいらんと思ったら、さっぱりスルーしてくださいね(笑)。

-